誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

模様替え

 
 何度か書いてきたことかと思うが、はっきりと記憶に残っているわけでは無いため改めて記してみるが、私がこの集合住宅へ越してきたのは2000年の初夏の頃である。それ以来、すでに8年近くの年が経たこととなる。
 
 私を産みたもうた両親が住むいわゆる実家から出て一人暮らしを始めたのが19歳の時。それ以降、3年と開かず引っ越しを繰り返してきた私にとって、8年も同じ部屋に居住しつづけるというのは、いわば実家に次ぐ長きにわたるということである。

 越してきた当初は、結婚してさっさと引っ越そう、などと考えていたわけであるが、ついぞ結婚などというものには至らず、あろうことかその相手すら見つからず、ぱんじゃさん私の人生はどうなってしまうの? などと問おうにも、にゃぁ~んと腐抜けたそれでいて愛らしく、しかし人を小馬鹿にした憎らしさも込められた言葉というか人語に解せぬ音の羅列でもって私に鞭打つのである。


 これまで、長くて3年で引っ越しを繰り返してきた私にとって、8年も同じ部屋で生活しているというのは、要はそれだけ邪念が蓄積されているわけであって、あぁつまりこの部屋は南の寺の鬼門に位置しているだけじゃなくてオレの邪念やら煩悩やらが溜まりに溜まって、つまりは部屋自体が妖怪のようになっているんじゃないかしらん、ならば部屋の邪気を払う意味でも全面改装をといっても改装だなんてお金がかかることは憚れるし、ならばそうか、ベッドの位置を変えようと思い至ったわけである。


 なぜか私のベッドは、一人暮らしのくせにデカいのである。
b0012790_215095.jpg


 六畳の寝室の中に、ベッド様がデカい顔をして横たわっておいでなのである。
 ちなみにこれは、尼崎からここへ引っ越しして来た時、引っ越し屋が「ベッドはどの向きで置くんすか?」という言に対して、「じゃ、横向きで」と言っただけなのに部屋の真ん中にずどんと置かれてしまったという経緯である。好きこのんでこんなレイアウトにしたわけではない。そもそもこんな置かれ方をした時には激しくびっくりしたものだ。あぁ、物を置くという感覚は、こんなにも個人差があるものなのか、と。

 この写真ではわかりにくいかもしれないので解説すると、この六畳間は写真で言う左上から右下へ長くなっている。そしてベッドは、写真で言う左上は壁にぴたりと添えられているが、そのほかの壁及び窓からは距離を置かれているという状況である。つまり、部屋の真ん中に、ここが寝室であって寝室以外のなにものでもないわけである! とまことにデカイ顔をして鎮座しているというぐあいで。

b0012790_2221270.jpg


 このベッド、本当に大きいので、いかに私が屈強なる体躯を誇ろうとも、マットを一人で持ち上げることすらままならない。引っ張って動かして、傾けて壁に沿わせて立たせて、そんなくらいしか出来ないのがもどかしい。

 しかしこのベッド、さすが日本が世界に誇るフランスベッドだけあって、造りは一級品である。分解してから再度組み立てをしても、ネジ部のゆがみなんて起こらない。しっかりとかっちりと組上がる。

b0012790_2283873.jpg


 あー、そこの通りすがりのフランスベッドの社員さん、このブログを読んでくれたなら、しっかり宣伝しておきましたので、ボックスシーツの一枚でいいのでプレゼントしてたもれ。このベッドのサイズって特殊で、純正だとバカ高いんすよ。


 そんなわけでこれまでで初めてだな、引っ越しでもないのにベッドの位置を変えるというのは。
 
 寝る場所が変わるというのは、かなり新鮮で、しかしそれまでの身体に染みついた位置関係をリセットすることが難しいわけで、かつて某ひるじ邸に泊まった際、しこたま酔って寝た後、寝ぼけてトイレに起きると、かの家のレイアウトではなく、自分の家のレイアウトで歩を進め、なぜか襖を開けて用を済ませようとしたという一件があり、当時はなかなかに済まんかった。

 ていうか、新しいベッドレイアウトが新鮮と思う反面、オレは寝ぼける人なので怖いんすよ。
 それで酒飲んじゃって、それも逆に寝ぼけさせること加速させるわけで。

 いやでも楽しみなんですけどね、そういう新鮮さは。
 引っ越し好きだし。
[PR]
by maple_r | 2008-05-05 02:36 | 雑記

Made in Korea.


 今乗っているR33スカイラインは平成7年8月登録で、今年でもう13歳になる。13年も乗っていても、いまだにデザインも好きだし、壊れやすいといわれるターボエンジンも快調だし、クルマ自体に対する不満は特に無いんだがゴム・プラスチック関係の劣化があるから悲しい。そろそろ買い換えなければいけないのかなあと思ったりもするが、エンジンもサスもボディもまだまだ十分使えるクルマを廃車するのはもったいないし、なにより最近のクルマに魅力を感じないから食指が動かないし。

 話はそれるが、オレが初めてクルマを所有した頃、1990年頃って、10年落ちのクルマなんてぼろぼろでデザインも古くさいいかにもって感じだったが、最近は10年落ち程度ではぜんぜん古さを感じさせないのは、やっぱりその頃からコンピュータによる製作精度が格段に向上したからなのかな。

 さてこのクルマだが、買って5年目、走行6万kmくらいの時にタイヤ交換をした。それ以降それまでより乗らなくなったこともあって、今の13年目、走行10万弱までまだ替えていなかった。
 走行距離は多くないから山はまだまだ残ってるのだが、ゴムが劣化して硬化してしまって、さすがに次の車検に向けて交換することにした。

 安くは無いんだよな、タイヤも。量販店でこのクルマのタイヤサイズを見ると、だいたい7万前後。7万あればSE530買ってもさらに5EBが買えるくらいの値段だもんなあ、なんてすっかりイヤフォンで金額を置き換えてしまうクセがついてしまった。あるいはpicoとかね。
 
 町工場みたいな雰囲気のタイヤショップに行って話を聞くと、一番安いのでヨコハマのecos、63,000円だという。近くにポテンザRE01Rがあってそっちだと7万強。おーポテンザが今はこの値段なのかあ、ecosで6万ならポテンザにしようかな、なんて考えていると、「どうしても安いのがよければ、このタイヤ。韓国製」なんと、このオレに韓国製品をすすめるとは。しかも命を支えるタイヤだぜ。
 しかし……「即決してくれるなら42,000円にするよ」
 
 さすがにこれは心が動くだろ。だって値段の差で5EBが買える……。
 このNEXEN(ネクセン)タイヤをチョイスしてしまったオレを、オレ自身が許してやりたい。

 「他の国のタイヤと違って、ここはちゃんと日本代理店があるから大丈夫。日本の基準も満たしてるし、ちょっと乗り心地が硬いのとロードノイズがうるさいこと、それから180km以上の超高速域とか、そのあたりが違うくらいですよ。街乗りならぜんぜん大丈夫」
 という言葉を信用した。命を預けた。


 実際、こっちこちに硬くなっていた前のタイヤよりも、このタイヤのほうが乗り心地は柔らかかった。しかもロードノイズも少ないくらい。
 高速でちょっとテスト~と、1×0km/hくらいのスピードを出したりしてみたが、直進安定性はいい。
 しかしカーブは怖いね。タイヤが横にへしゃげるイメージで、どうもロールも大きくなった気がする。
 非常時の安全マージンが減ったようなもんだが、まあ安い買い物をするというのはこういうことだ、しかたがない。

 
 ところで今日、自動車税の納付書が郵送されてきた。連休前に届くように送るとは、連休中に財布を締めろという戒めか。
 まあ毎年のことで45,000円を払わされるのだが、なにやら怪しい青い紙が同封されていて、そこには‘新車登録から13年以上経過するガソリン車は、通常税率より概ね10%自動車税が重課されます’
 
 なあんだとお?
 じゃあオレは来年の自動車税は5万になるつーことか!?
 なにがグリーン化税制だ。オレは13年前のクルマを大事に乗ってるというのに。新しいクルマに何度も乗り換えるほうが製造関係で環境に悪いだろうが。
 
 どうせ自動車メーカーの圧力でこうなったんだろうが、ホントに今の自動車メーカーというのはやることなすこと気に入らないなあ。
 

 
[PR]
by maple_r | 2008-05-02 00:37 | こんなものを買った