誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

初めての抜歯

酷すぎる虫歯の治療日記 - 重力が恨めしい

 ひるじは以前、虫歯で鼻まで貫通したと言っていたが、オレはそれが蓄膿になった。

 1年前、職場近くの歯医者で右上4番5番の歯を治療した。
 根の治療をして冠を乗せたのだが、冠を乗せたその日から歯茎が腫れた。数日歯茎が腫れてる時期があって、だんだん右の鼻から鼻水が出るようになった。鼻水というより完全に膿なんだが。
 ひるじの治療日記を読んでいたもんだから、すぐに歯からくる蓄膿とピンと来たのだが、次に歯医者に行った時に、前回の治療後鼻から膿が出るようになった、歯のせいだと思うと伝えると、「そんなことは無いと思いますよ。念のため、消毒しておきます」。
 
 ところが消毒しようが何しようが膿は止まらん。なんとかしてくれというと、
 「保険で治療したので、もう手を出せないんです」
 こんなこと言うか? 悪いところがあるならば、保険外になっても治療すべきだろうし、そもそも最初の処置が悪かったから膿が出るようになってしまったんだし、おまえの責任だろうが。クソヤブめ!

 その後、事態は好転せず、すっかり蓄膿持ちになってしまった。ボックスティッシュなんて1箱1週間保たない。
 冠自体も浮いてしまって口臭が出るし最悪。
 
 なんとかしなければと、歯槽膿漏の治療に定評があるという地元の歯医者に行くことにした。
 初診で4番5番の冠を外してみてもらうと、「うわ、ぼろぼろだね。こりゃー抜かなきゃダメだろうなあ」。
 口全体のレントゲンで上顎洞を指して、「ここに膿が溜まってるね。上顎の骨が薄くなっちゃってるから、インプラントはムリだね。そもそも蓄膿があるとダメなんだけど。抜歯して蓄膿がひいて、骨が厚くなってくればいずれインプラント出来るようになる可能性はあるね」との所見。

 この状態では焦って抜歯する意味は無いとのことで、抜歯せず済む可能性のある処置を何回か行ったが、結局ダメで昨日抜歯した。

 この先生、治療しながらよく喋る。
 「抜く時に、歯の破片が上顎洞に落ちちゃうことがまれにあってねー。そうなっちゃうと大変なんだよねー。脅すわけじゃないけど。まあ、めった無いから」
 と言ってから、実際に抜く時、ペンチでぐりぐりしつつ
 「あー割れちゃう割れちゃう」(歯が割れてしまうと、破片が上顎洞に落ちてしまう可能性が出てくる)とか言ってさらに脅す。

 結局、10分くらいペンチ使ったりドリル使ったりして抜いた。
 すると途端にそれまでずっと蓄膿でぐずぐずしていた右の鼻が、すーっと通った(気がした)!
 「あ、鼻が通った気がする」
 「あそう? じゃあ、穴が空いちゃったね」
 「それって悪いこと?」
 「ま、すぐに塞がりますよ。ただ二日くらいは絶対に鼻をかまないでね。鼻をかむ力ってすごく大きくて、穴が大きくなっちゃう」

 抜歯したあとって縫合するんだね、知らなかった。どこに針を刺してるかよくわからないが、これはかなり痛かった。ぴくんと反応すると、「あー、ここは痛いわね、うん」と他人事。

 7本×4=28本 プラス右下に親しらずが埋まっているので29本の歯を持っていたのに、2本抜いて27本になってしまった。悲しいことです、本当に。

 麻酔がきれたら痛くなりそうだったので、夕方には痛み止めを飲んで酒を呑んだ。抜歯後の注意に酒を呑むなと書いてあったけど、消毒になるしそもそもオレの身体の中はアルコール漬けなのでまあいいかなと。
 夕方から呑み始めちゃったので、寝る頃にはすっかりヨッパ。今朝起きると痛みは感じないので、良かったのかな。

 とりあえず蓄膿はこれで快方に向かうぽい。それだけでもすごくありがたい。
 
[PR]
by maple_r | 2008-01-27 18:06 | 雑記

波崎ウィンドファーム

 
 29日に帰省して3日にこっちに戻るまで、妹家族が妹婿の実家へ帰った元旦の夜以外、ほぼ毎日のようにこの子供らと遊ぶハメになってしまい、もう疲れたのなんの。子供が寝れば、普段の育児から解放されてパワーが余ってる子供の親と呑むし、たまんねえ。
 やっぱり帰省は2泊までにとどめるべきだな。長居するもんじゃあねえや。

 3日に戻ると決めてから、せっかくだから途中でどこか寄っていこうか、鷲宮神社でも近いから行ってみるかなんて思ったりしたが、ちょっと足を伸ばしてずーっと行きたかった波崎ウィンドファームに行くことにした。
 どうも公式サイトが潰れちゃっているようでリンク出来ないが、要は海辺に風車がたくさん並んでいるところである。
 場所は銚子の北、鹿島の南、利根川の河口からちょっと北。つまり実家(群馬県太田市)からは、利根川をひたすら下っていった先にあるというところになる。
 
 実家から大洗港まではだいたい2時間半くらいで着いた記憶があるので、それより遠いとしても3時間ちょいで着くだろうと思っていたが、とんでもない、ほとんどスムースに流れていたのに5時間かかった。

 でも行って良かった。良かったなんてもんじゃない、今年の一番良かった旅先をもう決定しちゃうくらい。

 風車は高いから20kmくらい離れた位置からも確認出来る。もうそろそろ見えねえかー? とクルマの中から鹿島灘方向を見たときに、かすんだ空の中に見えた時点ですでに感動。つーか感激。

 だんだん近づいてくると、防風林の松に遮られて見えなくなってしまう。
 そんな中から、少しずつ見えてくる。

b0012790_19512990.jpg

 こうやって見えてきたら、もうたまらん!

b0012790_19522897.jpg


b0012790_1952396.jpg


 小さい写真並べても意味無いので、これだけにする。

 この日は天気が良くて風もほとんど無くて、風車の音も波の音も気にならなかった。これは残念なことなんだろうな、やはり。
 
 ここは、本当にすごい。波崎ウィンドファームという名前では12基の風車なんだが、すぐ横にほかの風車もたくさん設置してあって、風車銀座っていったらヘンだけど、本当に堪能出来る。

 機会があったらもう一度行きたいなあ。

 しかしこの後、春日井に戻るのに6時間掛かり、実家を経ってから都合12時間ぱんじゃさんをキャリーケースに詰め込んだままになってしまったのは申し訳ないことしきり。
[PR]
by maple_r | 2008-01-06 19:59 | 雑記

帰省

 
 12月の27から28日は、一泊で岐阜の山奥にある社長の自宅で納会。やることはただの餅つきなんだが、暮れの三連休まるまる旅行なんつーことしてくれるし、慌ただしすぎるんだよ。

 この社長の家のテレビで見た天気予報によれば、30日から元旦あたりにかけて低気圧が入り込んできて大荒れの天気になるという。帰省するなら29日中にしろという脅しかよ。

 28日に帰ってきてから29日の昼まででナイツの全ステージA評価と、隠しアイテムの夢のしずくコンプを成し遂げたので、どたばただが帰ることにした。いつもはだいたい大晦日なんだが、今回は早かった。

 帰ると、ょぅι゛ょ(姪6歳)が一人で泊まりに来ていた。
 このょぅι゛ょ、オレとは1年に1度会うか会わないか程度なのになついてくれて、それはそれでうれしいのだが、なつきすぎていてもうべったべったしてくるので困る。やはりょぅι゛ょといえども、普段は淡泊なツンデレのほうが良い。

 ていうか、触りかたがえぐい。「おっぱい~」と言いながらオレの豊満な乳房を触ってくるのはまあ許すとしても、「オマタはどうですかあ?」と言いながら、パンツの中に手を入れてくるのだ。
 こら! とやめさせるが、ほっとくとどこまでやるんだろう……。
 ……いや、試したりはしないからっ!!


b0012790_2344132.jpg

 ょぅι゛ょ

b0012790_235918.jpg

 甥3歳
[PR]
by maple_r | 2008-01-05 23:05 | 雑記

11年の想い

ナイツが帰ってくる!!!
 
 初代ナイツは万人受けする類のゲームでは無かったが、オレのように異常にこのゲームだけを支持する信者が存在するそうだ。
 オレも含めてそういう人らは、どれだけ完成度が高い続編が出ても、絶対に満足はしないだろう。なんせ、11年も待たされた想いが重ねられているのだ。とてつもない想い出フィルターがかかっているのだ。

 最初のプレイでは、前作と比べたあまりの自由度の低さに、極端に対象年齢を下げたなあという印象だった。前作では子供から大人まで、色々な楽しみ方が出来たから。

 前作ではひたすら疾走感のあるステージばかりだったが、今回は歩いて迷路を抜けるとか、意地が悪いなと感じるステージがあったり、これはナイツじゃないだろーと思いつつプレイしていたが、最後まで終わってみればナイツはやっぱりナイツだった。

 つか、いくら前作でも感動して泣いたりすることは無かったが、今作は最終ステージの途中で涙が止まらなくなった。顔面ぐちゃぐちゃになりながらエンディングを迎えた。いくら涙腺が弱くなっているからといっても、この最終ステージの演出にはやられた。
 
 前作を超えたかどうかはもはや関係無く、これはこれで良いナイスナイツだった。
[PR]
by maple_r | 2008-01-04 22:49 | ゲーム

韓国に

 
 行ってきました。12月の22~24に。会社行事でだけれど。

 あ、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 そんなわけで、有馬記念も中山大障害も見れなかったのだ。なんだかな、全てがオレを競馬から遠ざけようとしているぞ。
 週末に家に居られなかったり、居ても年賀状書きやナイツをやったりでバタバタしていて、まったく落ち着かなかった。
 正月休みも終わる今になってやっと落ち着いた。それはぱんじゃさんも一緒で、韓国旅行は1日目は朝のまだ暗い時間から出発で3日目は日付が変わる頃に帰ってくるという丸々3日間の外出だったので、えさはどーでもいいとしてトイレが大変なことになっていた。
 その後も社長の家に一泊で納会とか、クルマに乗せて帰省、実家で大勢に囲まれたり、申し訳ないことしきり。ただ普段は刺激の一切無い生活をしているので、たまにはこういうのが無いと逆に老けちゃうかな。

 
 さて、ここでは韓国の写真でも少し紹介。

 
b0012790_2173641.jpg

 焼肉。肉はハサミで切ります。

 
b0012790_2181292.jpg

 プルコギ。上の焼肉もそうだけど、廻りの小鉢系は全部無料。これの奥に見えるチヂミも。

 
b0012790_2194714.jpg

 韓国はクリスチャンが日本よりも多いので、クリスマスは日本みたいなバカイベントとは少し違う催しになってる。
 しかし電飾は日本以上におバカで……。これは会社女子。

 
b0012790_21122539.jpg

 これはオレ。神戸のルミナリエみたいな、パネル式の電飾。ルミナリエというと、いやな思い出が…。

 
b0012790_2115821.jpg

 これは、リンゴちゃんだったかイチゴちゃんだったか、なんかカワイイ系のマスコットの人形。
 なんだかやたらデカい。カワイイ系はこんなデカくしちゃいかんだろう。





 ていうか





 
b0012790_2118582.jpg

 なぜこういうキャラが人体標本になってるんだ。
 脳はどう見たって白子だぞ、これ。
 韓国人は、こういうのを異常と思わないらしい。


 
b0012790_2121333.jpg

 ソウル美術館では、ゴッホ展をやっていました。
 これがマツリダゴッホが来るサインだったか……ってわけねー。
[PR]
by maple_r | 2008-01-04 21:24 | 雑記