誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Maid in Japan-1

 先日、東京へ行った折、日曜日の用事の場所が秋葉原の近くであったので、用事が済んだあとは、そのまま秋葉原で時間をつぶすこととなった。
 一緒にいた友人Hと、さてなにをしようという段になって、「そうだ、メイドカフェに連れて行け」とオレが言った。そんなものは興味無いと断られたのだが、ええい、名古屋からわざわざ来たオレの願いが聞けないってえのかと、無理矢理行くことにした。しかし、肝心のメイドカフェというものはどこにあるか解らぬ。友人Oを呼び出し、案内させることとなったのである。

 まず連れて行かれたのは、まるで風俗店が軒を連ねるような、うさんくさい雑居ビルであった。その狭いエレベータに我ら3人が乗り、目的のメイドカフェのあるフロアのボタンを押す。するとまた、オタクというのでもないけど、普通のサラリーマンは出来ないだろうというような風体の連中が乗り込んできて、改めて別のフロアのボタンを押すわけでもなく上昇していく。こいつらもカフェに行くのかよ。
 エレベータが到着しドアが開くと、まさに猥雑な空間。一畳ほどの共用廊下を挟み、念願のメイドカフェが全面ガラス張りで全容を表している。共用廊下の先には外部階段が続いていて、なぜかそこには人の列があった。外部階段で順番待ちさせるのは、ライブハウスでの整理番号順入場待ちくらいしか経験が無いのだが、こんなビルにライブハウスがあるんだろうか。
 とまあ、そんなことは気にせず、店の中に進み入る。居る居る、念願のメイドである。しかし店内は思ったよりもオタク臭は弱い。日曜日であったので、ふつうの人も多かったからか。あまつさえカップルで来ている連中もいやがる始末。冷やかしは辞めろ。
 手近なメイドに「3人なんだけど」と言うと、「外の列の後ろにお並びください~。お名前をお伺いにまいりまぁ~す」なんてぬかす。えええ、あの階段の列は、この店のウエイティングなのかよ!! つくづく、こっちの連中は並ぶことに寛大だ。
 
 今の店の系列店がすぐ近くにあるから、そっちに行ってみよう、という案内役の友人O。言われるままに付いていくオレと友人H。
 今度は、量販店の建物の上部階に入っているテナントで、エレベータが無く、エスカレータでその階まで移動。途中、家電売り場だけじゃなく、なんだか意味不明なグッズ売り場があって、「アキバ系」なんていうロゴを大々的に貼ったシャツやらなんやらを売っていたんだが、こういうのは自虐なのかそれともファッションなのかよくわからないが、多分、電車男のおかげでオタクは市民権を得たと思った勘違いであると思う。

 そんなこんなでカフェのあるフロアにたどり着くと……なんと、フロアの奥にあるカフェの入り口から、フロアの中いっぱいに長蛇の列。ぜんぜん規則正しくなく、脈略無くうねうねしていて、まさに蛇の様相。
 そして先ほどは非常階段の列であったので先頭の数人くらいしか見えなかったのだけれど、今度はフロアにいるから全体の人間構成が解った。普通の人も確かにいるけど、アレな人もやっぱり半分くらいはいた。ブヨブヨで脂ぎった顔をしていながら、猫耳を頭に付けてるヤツとか……。

 店の外から中を簡単に覗いて、入店はあきらめる。信じられん。なぜこんなに並んでまで入りたがるのだ。
 友人O曰く、店内では1時間の時間制限があるらしいが、それにしたって数十人が並んでいるのだ、一番後ろにいるやつは、何時間後に入店出来るっていうんだ。

 改めて、まだ16時にもなっていない時間だというのに居酒屋に行くことにした。うまい具合にはなの舞があったので、そこへ入る。ここはランチタイムから夜まで休みを挟まずに営業しているらしい。昼過ぎなんかに居酒屋に入る客がそうそういるとは思えないんだが、まあそれなりに潰れずに営業しているんだから客はいるんだろう。
 今時のカラオケは、5インチくらいのタッチパネル液晶で歌本の内容が全部入っていて、リモコンだけで歌を検索して入力してって出来るのがあるが、ここの居酒屋は8インチくらいのカラー液晶のメニューがあって、そのリモコン一つで注文が出来るのであった。さすが秋葉原、会話が苦手な人にも配慮しているのだなあ。

 しかし友人Hの「メイドカフェなんて、何が良いんだ」とは、もう守りに入ってしまった人のなんと悲しいことか。かつて、バカバカしくも愛おしさいっぱいだった西中島の某πの実において、「こんな店、団体じゃなきゃ来ない」と言っていたのにもかかわらず、いつの間にか一人でも通うようになり、一人でパンツを被ってご満悦に浸っていたあの隊長はどこへ行ってしまったのか。季節はこうも人を変えてしまうのである。

 まあ、オレ自身はメイドカフェというシステムには別に興味は無くて、興味があるのはあの格好・コスチュームだな。大正浪漫臭たっぷりの、機能美のさらさら無いゴシック様式。それを、カフェという日常生活から切り離した空間でたっぷりと堪能出来るという、これはもうそういうのを好きな人というのは確実にいると思うよ。
 かつてはファミレスの馬車道とかね。この辺には無いので、最近のコスチュームがどんななのか解らないけど、あそこは内装も凝っていて高校時代のオレの情緒教育に非常に役立ってくれた。
 街中でそんな格好をしていたら、ちょっとナニな人だと思われるが、そこが日常と切り離された空間であったらすべて許されるのである。そして、そういうものを人間の性は欲するのだ。
 そんな格好をして、髪をアップにしてね、もみあげからうなじにかけて後れ髪がちらほらとあって、そんなのがすっごく良いんじゃないか。
 関係無いが、最近髪をアップにしている人というのを街中で見かけない。ここが名古屋嬢の本場で名古屋巻きばかりだからなのか、それとも全国的にそういう傾向なのか、どうなんだろう。ポニーテールとか、ああいうのはもう絶滅してしまったのだろうか。誰か知っていたら教えてください。

 さて、友人Hの言に対して、友人Oは「ボクはMなんです。だからね、ご主人様なんて言われたって、はあ、ですよ。ぜんぜんダメ。反対ですよ」
 相変わらずこいつは、物事の本質についてはどうか解らないが、着目点についてはものすごい核心を突いてくる。というのも、メイドカフェというのは……

 ちょっと長くなりすぎたのでここまで。 また続く
[PR]
by maple_r | 2006-03-29 00:29 | 雑記

1968年生のフットボール

 そんなわけで、フットサルを始めて半年ほどになる。ここ最近、年度末の忙しさからメンツが揃わずプレイ出来てないが、ずっとほぼ1週置き、1ヶ月に2回くらいの頻度でやってきた。
 それにしても流行っているね、モーニング娘。のせいなんだろうが。初めてプレイした3年くらい前には、名古屋市内でも数ヶ所しか無く、その初プレイした金山駅そばのインドアのところはすぐに潰れてしまった。それが今や、春日井市だけでも3ヶ所くらいあるんだからまあ、未だにモーニング娘。は人気があるってことなのか。

 流行っているフットサルとは言え、老若男女入り交じり、というわけではなく、やはり20代の男子が中心である。そんな中、オレらのチームは平均年齢で言っても30近く。一番年寄りの息子・中学生14歳を入れてもそんなもんだから、彼を除くと30を過ぎるという年寄り軍団。
 そして、中学、高校でのサッカー経験者が居ないものだから、基礎は無いわ、体力は無いわ、スピードは無いわ、三重苦の中でやっているのだ。
 
 一番衰えを感じるのは、スピードの足り無さである。
 ボールの動きに瞬時に反応する瞬発力はおろか、走るトップスピードがとてつもなく遅くなってしまった。というか、走れないのだ。
 一般生活で少し走ったりするスピード、これよりも少し速い速度がジョギングレベルだとすると、そこまでは問題無い。しかし、それ以上のスピードで走ろうとすると、すでに走り方を忘れているんじゃないかという感覚になってしまうのだ。
 競馬好きに解りやすいようにたとえると、18-18程度のキャンターまでは問題無いんだが、そこから15-15の強めキャンターにするのが必死。それ以上、ギャロップしようとするとフォームばらばら、え? 状態って感じ。
 
 で、そんな老人チームだが、いちおう試合なんぞにも出てみたりするのだ。
 スーパービギナーっていうくくりの大会であるのに、やっぱりみんな若いから、スピード・体力が違う。そして、そんな中にも経験者が一人二人入っていると、とてもじゃないが太刀打ちなんか出来やしない。
 そんなわけで、チームHello2(チームハローツー・通称チームへろへろ)は、未だに未勝利なのであった……。

 今通っているコートでは、このスーパービギナーで通用しないチームだけを集めた、いわゆる未勝利カップも開催している。先月にはこの大会に出たのだが、惜しいところまで行くものの、やはり未勝利で終わってしまった。この大会は月一度開催していて、今月・来月と残念ながら出場出来ないのだが、5月にはなんとか一勝を挙げられるように努力しなければ。

 まずは一勝。これを、自分のクラブ馬の1000万の一勝と先を争うのである。
 
[PR]
by maple_r | 2006-03-17 00:58 | スポーツ

おねがいマイメロディ

 周りでも結構テレビを見ないという人が増えてきた。好ましいことである。
 確かにテレビを見ていると楽しい。華やいだ雰囲気で、部屋も明るくなる。しかし、イライラすることがあるのも事実なんだなあ。例えば細木数子とかさ、一部のおばさんはああいうのを見ているとスカッとするんだろうけど、オレにとってはむかむかしてしょうがない。そういう風なことにならないだけでもテレビを見ないということは意義がある。

 起床は7時10分頃~8時の間。朝だけは時計代わりにテレビを見る。CXのめざましテレビ、特ダネだ。この中でも、軽部のコーナーだけは妙にイライラするんだが、それはまあ諦めるとする。
 仕事から帰ってくると、1ヶ月に2回くらいはテレビを点けることがあるか、民放を。そんなタイミングで、細かすぎて伝わらないモノマネ選手権を見ることが出来たなんて、神のお導きとしか言えないな。
 それ以外は、自分の出資馬が勝った時はグリーンチャンネルの週末レース回顧を見ることがある。あとは、出資馬が映りそうなときは今日の調教を見ることもある。
 週末はグリーンチャンネル。朝から晩までグリーンチャンネル。日曜日は、過去の重賞や、栄光の名馬たち、競馬場の達人、A1 News stage等面白い番組が揃っているので寝るまでグリーンチャンネルだ。

 そんなオレでも、事前に見たいと思ったりする番組を見たり、評判になっている番組を見たりすることもある。今クールでは白夜行を、こんなの白夜行じゃねえなんて言いながらも初回を見たら泣かされまくって、結局続けて見たものの、やっぱりこれは違うぞと途中で放り出したりもするのだが、今、一番アツい番組、それが「おねがいマイメロディ」なのである。

公式サイト

 アニメというと、「銀河鉄道999」や「機動戦士ガンダム」に代表される、少年の成長物。「Gu-Guガンモ」「うる星やつら」の学園コメディ+ちょっとホロリ。「サザエさん」「ドラえもん」等の人畜無害ほのぼの系。そして、スポ根、ラブコメ、脳天気痛快アクション系に大別されるのでは無いだろうか。まあ、時折ブラックジャックや、一部の宮崎アニメのようなテーマ性のあるものもあるのだが。ちなみに、アニメってそんなに見てないので、参考で出した作品が非常に古い時代のものであるのは勘弁。そんなわけで、おねがいマイメロディは、学園コメディに分類されてしかるべきであると思う。

 多分、アニメを最初から最後まで全話見るというのは、ガンダム以来だと思う。セーラームーン(実写版は見たけど)とか、エヴァンゲリオンとか一切見てないし、つーか元々子供時代でもあまり見てなかったかもしれない。幼少期のみんながみんなアニメを見ている時代以降、例えば小学校高学年以降とすると、ガンダムは見たけど、イデオンとかマクロスとか見てなかったし、あしたのジョーは見てもドカベンはあまり見てなかったかもしれない。

 まあそんなことはどうでも良くて、とにかく、おねがいマイメロディだ。とりあえず形的には主役のマイメロディ・通称マイメロは、敵役のクロミの悪夢魔法からみんなを救うという基本ストーリー。しかしこのマイメロ、とにかく何もしない。クロミが悪夢魔法を使った瞬間は、何か特殊な能力でそれを気付くのだが、それでも基本的には何もしない。「はぁ~、紅茶がおいしいわ」と平気な顔をしている。
 街がパニックになって、誰かに助けてとおねがいされてはじめて重い腰を上げて魔法を使うのである。しかしそれも、自分で何かをするのでは無く、無機物に意志を与え、それに「おねがい」と頑張ってもらうという、もうなんつーか、ニートの代表かよオマエは、みたいな。
 そんなマイメロであるが、サンリオのキャラであるくせにこんなアニメであるからしてぞんざいに扱われる。洗濯機でぐるぐるされたり、お風呂のスポンジ代わりにされたり、お屋敷の3階から放り投げられたりする。

 ストーリーもまあ推して知るべしという感じでぶっ飛んでいるわけだが、惑星でゴルフやビリヤードやって地球を滅ぼしかけておきながら、後でそのことをふりかえって、「あの時は楽しかったね」って言うんだからたまらん。

 さて、このアニメの魅力はヒロインであるところのクロミである。
 タイムボカンシリーズで言うところのドロンジョ様のような憎めない敵役なのであるが、紛れもなくこのアニメのヒロインなのだ。マイメロの何もしなさに比べて、その純真で一途な様には何度も心を打たれるのだ。

 そしてこのマイメロ、昨日の日曜日から第一部のフィナーレを迎えている。
 これまでずっと、その週で完結だったのに、ここへ来て初めて途中で終わってしまった。しかしそれでも今週だけでGu-Guガンモの最終回を越えてしまった。と言っても、Gu-Guガンモのアニメ版最終回を忘れてしまっているのだが……。連載最終回とテレビアニメの最終回とがちょうど重なっていて、それが違っていたことは覚えているんだが、何度も見返すことの出来たマンガと一度しか見られなかったアニメとで、まあ。マンガの方が感動したことだけは覚えてるんだけどな。
 そのキモがクロミであるわけで。
 日曜の朝9時半からアニメを見て号泣してる37歳、どうよ。

 とりとめなく綴ってきてしまったが、このアニメに出会えたことは、かなり心の糧になった。
 とてもじゃないがサンリオのアニメとは思えない。普通に考えれば人畜無害のぽえ~~なアニメになるはずなのに。姪のひなたはこのアニメを見る時、かわい~~と言いながらも30分見ていられない。そりゃあそうだ、こんな複雑なストーリーを抱腹しているアニメ、幼児が見続けていられるわけ無い。

 そんなわけでクロミのストラップとか携帯に付けたいと思っても、マイメロを見たこと無い人から見たらアブナイ人になっちゃうもんなあ。それが今の悩みなのだ。
[PR]
by maple_r | 2006-03-13 22:24 | 雑記

鼻水こわい

 先週末、仕事に遊びをからめ、土曜早朝から日曜夜まで出ずっぱり。今週は水曜日にまた博多まで日帰りして、そのせいで仕事も煮詰まったり、なにより↓の事もあって、なんか釈然と、すっきりとしない日々だった。
 新幹線を長時間乗り続けると、身体はひどく疲れるんだが、筋肉自体は使わないから、身体は疲れているのに筋肉は運動を欲するという状態になってしまう。特に最近は睡眠時間も少なくなっていて、定期的なフットサルも出来なくなったりと、色々な要素が煮詰まり感を高めていて、仕事中にも唸り声さえ上げてしまう。まるで、エネルギーが余って余って仕方のない中学生のようなものである。いやはやホント、なにかたまらん。なんか上手く言い表せないのだが、とにかく何かを開放したい、何かが身体の内で燻って、オレの心をちくちくと突き刺す。
 パーティション越しに向かいの席に座っている後輩からは、「ピンサロでも行ってすっきりしてきたらどうですか」と言われるが、その類の溜まり方では無いからなあ。
いやしかし、行ってみると案外ぽろりと解決したりもするのかしらん。相当ご無沙汰だし。

 毎年この時期になると、鼻水が出るたびにどきっとする。花粉症である。
 幸い、これまでに花粉症だと認識したことは無いのだが、まわりで件のアレルギーをお持ちの方の生活様式を見るに、絶対に発症したくないなと思っている。鼻水はじゅるじゅる、風邪でも無いのにマスク着用、目はしょぼしょぼ、思考もままならぬ、しかもそれがシーズン間続くという。あな恐ろしや。

 これまで何度も言ってきたと思うが、この花粉症というものを発症している全国の人の半分以上は自己暗示に違いないと思っている。
 この時期、マスコミが花粉症について報道する番組って、とにかく多いからね。ここ最近はテレビ見ないからはっきりとは言えないが、数年前はとにかく春は花粉症の番組ばかりだった。
 こんな番組ばかり見ていれば、「あぁ、世間では花粉症というものが流行っているのだなあ。オレも花粉症になってしまうんだなあ」というような、影響されやすい人が、どんどん発症していったに違いない。
 いやいや、実際アレルギー反応まで出るんだし、自己暗示なんていうものはありえない、と言われるかもしれないが、この花粉症というものは、そもそもその人がもっている抗花粉症の器に花粉が貯まりきると花粉症を発症すると言われているわけだから、その抗花粉症の器を、自己暗示で容量を少なくしてしまっているってことなんだろう。

 毎年、この時期になると花粉症を発症してしまったらイヤだ、と考えているオレにしたって、このせいで器の容量を少なくしてしまっている可能性だってある。つまり、花粉症花粉症と大騒ぎするな、ということだ。

 それにしても、この月曜はとにかく鼻水が出た。花粉症か? とずっとビビりながら鼻をかんでいたが、そのうちかみすぎて鼻血まで混じるようになってしまった。
 火曜日もそこそこ出ていたが、水曜日、福岡に日帰りした日からぴたっと止まった。なんだろう、東京で悪い物でも貰ってきたのかしらん。

 というわけで、溜まってるものというのは、ストレスなんだろうなあ。
 身体を動かしていると、ある程度発散出来るもんなんだよ。それが、身体も動かすことがままならないというのは、ちょっとキツい。あー、暴れてえ。

 
[PR]
by maple_r | 2006-03-05 22:30 | 雑記

合掌

競馬を趣味にしていれば、馬の死なんて日常茶飯事として受け止めなければならない。
幾度と無く、テレビ画面越しに骨折して崩れ行く馬を見、JRAサイトのお知らせコーナーでは、
予後不良の文字を見させられてきた。
おとついの日曜日でさえ、GI馬であるコスモサンビームが心不全で急死した。
だから、自分の出資馬の死でも、当然のこととして受け止めなければならない。

テンダーシーズンは期待していた馬であったが、とにかく調教が走らない。
15-15で終いバテ。
併せ馬をすれば、2秒先行して出しても終わってみれば3秒遅れ。そんなの併せ馬じゃない。
ソエが痛い、筋肉痛で走れない、そんな言い訳ばかりの馬であった。

満足に時計が出ないながらも、徐々に馬は仕上がってきて、持ち時計のほとんど無いままデビュー。
タイムオーバーぎりぎりのブービーという着順を、ひさしぶりにオレにプレゼントしてくれた。
しかし、ダート14のスタート部の芝でのダッシュが良かったことから、本質は芝、
身体が固まってくればかっちりとしたスピードで走ってくるようになるはず、と期待はしぼませないようにしていた。
これこそがオレにとってのクラブ馬の醍醐味で、別に連戦連勝の最強馬に出資したいわけじゃないのだ。幼駒からの成長をリアルタイムに感じ、それを最大に応援出来る、それこそが楽しみであると言える。
そういう意味で言えば、クーフーリンは非常に楽しませてくれている。

脱線してしまったので戻そう。
デビュー戦後、ソエを痛がり全然調教どころでは無くなってしまったとのことで、いったん放牧に出し、馬が固まるのを待つのかと思っていたが、そのままトレセン勤務が続けられた。
そして徐々に15-15が出来るようになり、今日の交流未勝利戦を迎えた。


テンダーシーズン 
8R、3歳未勝利、レーズン賞・ダート1400mに出走しました。パドックでは二人引きで好馬体をみせていました。馬体重は前走からマイナス4の478キロ。スタート直後少し外によれたものの、最初のスタンド前で3番手につけました。向正面で外の馬と接触しましたが、問題なく追走していたのですが、3コーナーあたりから手が動きだし、押しても前に進まない感じで後退していき、4コーナーは最後方で回り、直線に向きましたが、直線入口で手前を替えた時に歩様が乱れ、止まりかけたのですが、大差で何とかゴールまで入線しました。レース後、トレセンに戻り、レントゲンを撮ったところ、左前膝の複雑骨折が判明し、残念ながら安楽死の措置がとられました。


さっきまで血湧き肉躍りギャロップしていた馬が、今、この世にいない。
競馬というものは、そういうものなんだなあ。

結局、テンダーシーズンがどこまでの能力を持った馬だったのかは、神のみぞ知るところになってしまったわけであるが、オレだけは信じておかなきゃいかんな。

そして、合掌。
[PR]
by maple_r | 2006-03-01 01:17 | 競馬