誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

カテゴリ:雑記( 128 )

カバン喪失

お花見♪

 飲み屋で椅子に掛けていたことは覚えているから、飲み屋で持たずに帰ったか電車の中に置き忘れたか。
 とりあえず店に電話して、忘れてないか聞くが、そりゃ無いわな。
 で、駅員に電車の中にカバンを置き忘れたと伝える。

 どこの駅で何分の電車乗ったの? どこ行きだった? とか聞かれるが、さっぱり答えられない。あぁ、どれだけ酔ってたんだオレは。

 高蔵寺駅と中津川駅に電話連絡してみるが無いという。それで連絡先だけを記して帰宅する。

 定期入れにいれてある予備のカギで部屋に入り、カードの停止を電話する。銀行2つにクレジットカードは3枚。クレジットカードは番号停止でカード再発行になると。カード再発行になるということは、これまでカード経由で引き落としにしていた物件は登録し直さないといけないということだ。面倒だな。amazonで予約していたCDはカード番号を変更しないといけない。発送までに間に合うかな。

 銀行のキャッシュカードは一旦停止。しかしネットバンクの暗証カードは再発行になるという。

 それからカバンの中に入れっぱなしのサブの携帯を止める。おまかせロックというiモードのネット経由で止めることが出来るそうで、それで止める。おさいふケータイのDCMXも止める。

 酔いが一瞬で醒めたとはいえ、それなりのアルコールが入ってるのは事実で、ちゃんとやりとり出来たかはよくわからない。どこかの会社では警察に紛失届けを出してそれを送れとか言われたような気がしないでもないのだが、どこだったかわからないし。

 そんなやりとりが終わると、0時頃。改めてみると、尻ポケットにいれていた定期券と部屋のカギ、胸ポケットにいれていたメインの携帯、ジャケットのポケットにいれていたiPodとイヤフォン(not SE210)、以上が無事だったわけで。とりあえずイヤフォン壊さなくて良かったなあと。財布の中の現金より高いので。


 さて、風呂入るかと思った時に携帯が鳴る。出ると春日井駅。名古屋駅でカバン確保しましたと。財布の中には2万8千円入ってますねと。あぁ、無くした時のままだ。良かった……。

 緊張から解放されて、一気に疲れが出てそこに寝てしまった。気が付いたら明け方の5時。
 こんなこと、二度とやっちゃいけないねえ。
[PR]
by maple_r | 2008-04-08 00:11 | 雑記

お花見♪

 
 最初から判っていたことだけれども、平成19年度末になるこの3月はかつてない忙しさだった。一般に一人頭1500万円の受注を処理すれば標準なこの業界において、新人や外注を使ったりするものの6000万近くの仕事を処理しなきゃならなかったんだから当然。それでも全て終わらず、積み残しはたくさんあるのだが……。

 3月中は、1日の夜中過ぎて明け方まで仕事をした上での2日と、所用で年休とった14日、それと作業をしたかったのに内容の確認が取れずに作業を進められず、なくなく休んだ15・16の4日しか休んで無い。
 4日も休めれば上等か。って言っても、年明けからずっとこんなペースだったので疲労の蓄積もあるし、だいたい歳も歳で……。

 そんな中、23日には下請けの大チョンボがあって大騒ぎ。24日には社長を引っ張り出してクライアントに謝罪に行って、その翌日以降も方々への謝罪とかあって身も心もずたずたに。罰金辞令出るかと思ったけど、それは避けられたようでほんの少し安心。
 23日は事が終わってから社長に経緯書を提出しろと言われて、書いてとりあえず常務に見せる。読みすすめている間に常務が「大変だったねぇ」とついぶやいた一言で、本気で涙がこぼれた。普段、ろくでもないことですぐ泣くくせに、会社入ってから初めて仕事のことで泣いた。

 花見は最初31日にすることになっていたが、雨予報だったので4/1に変更になった。それが30日に仕事をしていると、社長から携帯に電話がかかってきて、やっぱり明日やろうという。雨は上がりそうだから、と。
 どっちにしろ、こんな体調で花見やってテンションあげたら、オレ壊れますよ。


 31日は朝から常務とオレと新人の女子の3人でクライアントのところへ行って、ここで2本の業務を仮提出してとりあえずのところのおしりに火が点いている状態は解消。
 そのまま3人で鶴舞公園に行ってシートをしく。日差しは暖かいのだが、なにしろ風が強い。これではさすがに花見はどうかな、と思いつつも、女子を一人残し会社へ戻る。ええ、花は満開でしたとも。
 
 会社へ戻ると、みんなが忙しくて花見なんてしていられないとか、風邪で体調が悪いとか、あぁ~~~んもうっ!! せっかくの花見なんだぜ!?

 16時頃に4人で料理を持って鶴舞公園へ向かう。しかしやっぱり寒い。結局1時間も現地にいずに「会社戻ろう」という社長の一言で撤収。場所取りしていた女子は3時間も一人でいたというのに……。

 会社で続き。忙しくて花見していられないとか言っていた人も少しだけ料理をつまみに来たり、なんだかんだと盛り上がる。そしてオレは壊れていく……。

 20時頃にお開きになると、常務が「miami行くぞ」と珍しく誘ってきた。miamiつーのは会社のそばのスナックみたいなバーなんだが。
 半分眠ってしまっているような感じのオレだが、さっさと行くぞと言われるのでなんとなく付いていく。
 miami常連客オールスターズつーか、この店で知り合った客全てが来店。なんなんだよ、月曜日だぜ。
 常務は21時頃帰る。オレは、普段なら終電近くまでいるのに、なぜか22時頃帰ることに。もはや全く覚えていないので、なんでこんな時間に帰るつもりになったのか不明。たぶん、眠かったのかな。


 駅では乗る電車の時間を確かめるのが常なのに、この日は酔っていたからか、何分の電車に乗ったか全く覚えていない。どこ行きだったかも。
 
 ふと気が付くと、春日井駅の名古屋方面ホーム。あー、そういえば乗り過ごして折り返しの電車に乗り換えたような気がしないでもない。つか、それはどこの駅だったか? それもわからない。
 
 つか…え……カバンが無い!?

 カバンが無いですよ!!!
 財布やら通帳やら印鑑やら、全部入りのオレのカバンが無いですよ!


 ここまで泥酔しておいて、一瞬で酔いが醒めた。
 
[PR]
by maple_r | 2008-04-06 23:48 | 雑記

最近、朝の電車で


 板尾創路そっくりの女性を見ます。

 いや、ホント似てるんだって。あのギョロっとした目と大きめの鼻、ぽてっとしていて少し開いた口と。
 年齢はたぶん30手前くらいだと思う。板尾さえこの世に認知されていなければ、ふつうに美人にカテゴライズされるタイプだと思う。

 しかし、駅に着くと、電車に乗り込んでくる人を、そのギョロっとした目で一通り見回すんですよ。そのしぐさがなにより板尾にそっくりでたまらない。ふつう女性って電車で座っていれば、目を伏せてるもんじゃないですか? それが、まるでエロオヤジが女子高生を吟味するみたいに、ぎょろぎょろ見回すもんだからビビる。

 ほんとビデオに撮ってみんなに見せてやりたいくらいなんだがなー。残念だなー。
[PR]
by maple_r | 2008-03-21 01:09 | 雑記

スイーツ(笑)

 
 最近、ファミマのジャージー牛乳バニラプリン ¥200.- が、お気に入りです。


 
 あと、六花亭のストロベリーチョコも。
 昨日、栄のハンズで偶然このストロベリーチョコを期間限定で売ってるのを発見しました。
 ホワイトディにこれ買えたなんて、なんか奇跡。
[PR]
by maple_r | 2008-03-15 16:03 | 雑記

この部屋

 
 以前にも言ったが、この部屋の南には寺があって、その鬼門の方角にここがあるもんだから、場所的にも悪いのかと思ってるのよ。オレの周りの部屋に入居する連中は、それにすぐに気付いて逃げていくのかなあなんて。
 オレは環境を気に入っていつまでもここに住み着いているもんだからシアワセになれないんかいなと。

 70%、んなわけあるかいなとバカにしているが、内心残りの30%はマジでそういうのがあるんじゃないだろうか、オレの寂しさって相当だぜ、みたいに思ってたりもするのだがね。しかしながら、いやいや、こんな寂しさ普通だろ、ごろごろしてるぜ、何をヌカしてやがるんだみたいに思ったりもするので何とも……。

 
 昨日、隣に越してきた人を見たよ。駐車場で。
 向こうが帰ってくるところで、こっちは出庫するところ。オレが出す間、向こうは道路で入るのを待っててもらったのだが、逆光でクルマの中に居る人のことは全く見えなかった。ちいっ。

 今日、下の部屋の人を見たよ。
 ウチの駐車場に入る前、超鋭角のカーブを曲がるところで何度も切り返しているトヨタWISHがいて、お、これは最近オレの横に駐まっているクルマではなかろうかと見てみると、けっこう若い女子が運転していた。若いっていっても25前後って感じだけど。
見ると、ほかには誰も乗っていないぽい。WISHなんていうファミリーカーなのに、一人で乗っている。
 ウチのアパートの駐車場に入っていって、オレもあとから着いて入っていったんだが、向こうは駐車桝に入車したあと、ケータイをいじってやがる。クルマに乗ったまま、ずーーーーーっと。
 降りる時に首だけでちょこんとかしげてやったりもしても無視ですよ。よっぽど嫌われてるのか、オレ。
 
[PR]
by maple_r | 2008-02-12 00:35 | 雑記

隣人

 
 今のアパートに引っ越ししたのは2000年の初夏だったので、すでに7年、あと半年で8年もここに住み続けていることになる。
 1988年の春に実家を出て以来、もう20年になるのか。今の部屋以外では3年以上連続して生活した部屋は無いのだから、よっぽどここが合っているということか。
 確かに気に入ってはいる。職場との位置関係や、ここの静かさと、利便性と家賃との兼ね合いとか。

 1フロア3戸×4階層で12戸の集合住宅で、オレの部屋は4Fの角。なのでオレの部屋が面しているのは直下の3Fと、4Fの隣の部屋だけ。この2戸がなぜか居着かない。オレが入ってからすでにこの部屋の連中は3回変わってる。そして近1年に限れば、去年ほぼ同時に入居した2戸が同様に1年経たずに出て行ってしまった。
 
 それで、空いていた2戸に1月末になってようやく人が入ってきたらしい。つまり、上でいう去年とは一昨年のことなのだが、2戸とも半年近く空き部屋だったんだよな。
 ずっと空いていてくれれば、隣に気兼ねすることも無く、駐車場も横が空いていて楽だったんだけれど、そうも言っていられないのか。

 長く居着いてくれるならば居心地が良いということで、隣人との関係も良好と思われるけど、すぐに出て行っちゃうということだと、オレも原因の一因のような気がして。
 夜中まで音楽聴いていたり洗濯したり、猫がわめきちらしたりとか。
 まあ、直接文句を言われたことは無いからそうひどいことをしているわけでは無いと思いこんでいるのだけれども。


 そういうわけで横が埋まったのだが、挨拶に来ない。
 こういうもんなのかね。
 前に入居した連中も挨拶に来なかったんだよな。
 学生向けのワンルームとかならそれもしょうがないかとも思うけど、ココみたいな家族が入るようなところでそれはどうなんだろうか。
[PR]
by maple_r | 2008-02-10 20:17 | 雑記

雪が降りました

 
 土曜日、起きてグリーンチャンネルを点ける。最近は休日でもグリーンチャンネルを観ないことが多いが、この日は準出資馬のゴールデンラダーが走る日だったので、点けた。
 ほう、京都は雪が降っている。
 そういえば昔は、出資馬が走るとなれば一週間ずっと競馬場の天気予報とにらめっこで、雨降るな雨降るなと願っていたものだが、今ではそんなこともしなくなってしまったなあ。

 ゴールデンラダーの出走まではまだまだ時間があるので、観てるような、ただ点いているだけのような感じだったグリーンチャンネルであるが、2Rのレース中継の段階ですごい雪になっていた。
 うはっ、これは伝説のバイオレットステークスの再現なるか!?
 と、わくわくしていたら、3R以降があっさりと中止になってしまった。

 ありゃりゃ~ と思って、そういえばこっちはどうなんだ? とウチの外を見てみたら、白かった。
 年末とか、1月の第3週末とか、今冬はずっと降る降る詐欺がつづいていたのに、事前情報を入れていなかったこの週末にこれだけ一気に降るとはびっくり。オレが知らなかっただけか。

 結局、名古屋で11cmの積雪だったらしいから、ここ春日井ではもう少し降ったんだろうが、今日、日曜日があまりに暖かく、道路の雪はほとんど残っていなかった。
 今日がこれだけ暖かいなら、昨日はなぜあれだけ大量に雪が降ったんだ?
[PR]
by maple_r | 2008-02-10 17:51 | 雑記

初めての抜歯

酷すぎる虫歯の治療日記 - 重力が恨めしい

 ひるじは以前、虫歯で鼻まで貫通したと言っていたが、オレはそれが蓄膿になった。

 1年前、職場近くの歯医者で右上4番5番の歯を治療した。
 根の治療をして冠を乗せたのだが、冠を乗せたその日から歯茎が腫れた。数日歯茎が腫れてる時期があって、だんだん右の鼻から鼻水が出るようになった。鼻水というより完全に膿なんだが。
 ひるじの治療日記を読んでいたもんだから、すぐに歯からくる蓄膿とピンと来たのだが、次に歯医者に行った時に、前回の治療後鼻から膿が出るようになった、歯のせいだと思うと伝えると、「そんなことは無いと思いますよ。念のため、消毒しておきます」。
 
 ところが消毒しようが何しようが膿は止まらん。なんとかしてくれというと、
 「保険で治療したので、もう手を出せないんです」
 こんなこと言うか? 悪いところがあるならば、保険外になっても治療すべきだろうし、そもそも最初の処置が悪かったから膿が出るようになってしまったんだし、おまえの責任だろうが。クソヤブめ!

 その後、事態は好転せず、すっかり蓄膿持ちになってしまった。ボックスティッシュなんて1箱1週間保たない。
 冠自体も浮いてしまって口臭が出るし最悪。
 
 なんとかしなければと、歯槽膿漏の治療に定評があるという地元の歯医者に行くことにした。
 初診で4番5番の冠を外してみてもらうと、「うわ、ぼろぼろだね。こりゃー抜かなきゃダメだろうなあ」。
 口全体のレントゲンで上顎洞を指して、「ここに膿が溜まってるね。上顎の骨が薄くなっちゃってるから、インプラントはムリだね。そもそも蓄膿があるとダメなんだけど。抜歯して蓄膿がひいて、骨が厚くなってくればいずれインプラント出来るようになる可能性はあるね」との所見。

 この状態では焦って抜歯する意味は無いとのことで、抜歯せず済む可能性のある処置を何回か行ったが、結局ダメで昨日抜歯した。

 この先生、治療しながらよく喋る。
 「抜く時に、歯の破片が上顎洞に落ちちゃうことがまれにあってねー。そうなっちゃうと大変なんだよねー。脅すわけじゃないけど。まあ、めった無いから」
 と言ってから、実際に抜く時、ペンチでぐりぐりしつつ
 「あー割れちゃう割れちゃう」(歯が割れてしまうと、破片が上顎洞に落ちてしまう可能性が出てくる)とか言ってさらに脅す。

 結局、10分くらいペンチ使ったりドリル使ったりして抜いた。
 すると途端にそれまでずっと蓄膿でぐずぐずしていた右の鼻が、すーっと通った(気がした)!
 「あ、鼻が通った気がする」
 「あそう? じゃあ、穴が空いちゃったね」
 「それって悪いこと?」
 「ま、すぐに塞がりますよ。ただ二日くらいは絶対に鼻をかまないでね。鼻をかむ力ってすごく大きくて、穴が大きくなっちゃう」

 抜歯したあとって縫合するんだね、知らなかった。どこに針を刺してるかよくわからないが、これはかなり痛かった。ぴくんと反応すると、「あー、ここは痛いわね、うん」と他人事。

 7本×4=28本 プラス右下に親しらずが埋まっているので29本の歯を持っていたのに、2本抜いて27本になってしまった。悲しいことです、本当に。

 麻酔がきれたら痛くなりそうだったので、夕方には痛み止めを飲んで酒を呑んだ。抜歯後の注意に酒を呑むなと書いてあったけど、消毒になるしそもそもオレの身体の中はアルコール漬けなのでまあいいかなと。
 夕方から呑み始めちゃったので、寝る頃にはすっかりヨッパ。今朝起きると痛みは感じないので、良かったのかな。

 とりあえず蓄膿はこれで快方に向かうぽい。それだけでもすごくありがたい。
 
[PR]
by maple_r | 2008-01-27 18:06 | 雑記

波崎ウィンドファーム

 
 29日に帰省して3日にこっちに戻るまで、妹家族が妹婿の実家へ帰った元旦の夜以外、ほぼ毎日のようにこの子供らと遊ぶハメになってしまい、もう疲れたのなんの。子供が寝れば、普段の育児から解放されてパワーが余ってる子供の親と呑むし、たまんねえ。
 やっぱり帰省は2泊までにとどめるべきだな。長居するもんじゃあねえや。

 3日に戻ると決めてから、せっかくだから途中でどこか寄っていこうか、鷲宮神社でも近いから行ってみるかなんて思ったりしたが、ちょっと足を伸ばしてずーっと行きたかった波崎ウィンドファームに行くことにした。
 どうも公式サイトが潰れちゃっているようでリンク出来ないが、要は海辺に風車がたくさん並んでいるところである。
 場所は銚子の北、鹿島の南、利根川の河口からちょっと北。つまり実家(群馬県太田市)からは、利根川をひたすら下っていった先にあるというところになる。
 
 実家から大洗港まではだいたい2時間半くらいで着いた記憶があるので、それより遠いとしても3時間ちょいで着くだろうと思っていたが、とんでもない、ほとんどスムースに流れていたのに5時間かかった。

 でも行って良かった。良かったなんてもんじゃない、今年の一番良かった旅先をもう決定しちゃうくらい。

 風車は高いから20kmくらい離れた位置からも確認出来る。もうそろそろ見えねえかー? とクルマの中から鹿島灘方向を見たときに、かすんだ空の中に見えた時点ですでに感動。つーか感激。

 だんだん近づいてくると、防風林の松に遮られて見えなくなってしまう。
 そんな中から、少しずつ見えてくる。

b0012790_19512990.jpg

 こうやって見えてきたら、もうたまらん!

b0012790_19522897.jpg


b0012790_1952396.jpg


 小さい写真並べても意味無いので、これだけにする。

 この日は天気が良くて風もほとんど無くて、風車の音も波の音も気にならなかった。これは残念なことなんだろうな、やはり。
 
 ここは、本当にすごい。波崎ウィンドファームという名前では12基の風車なんだが、すぐ横にほかの風車もたくさん設置してあって、風車銀座っていったらヘンだけど、本当に堪能出来る。

 機会があったらもう一度行きたいなあ。

 しかしこの後、春日井に戻るのに6時間掛かり、実家を経ってから都合12時間ぱんじゃさんをキャリーケースに詰め込んだままになってしまったのは申し訳ないことしきり。
[PR]
by maple_r | 2008-01-06 19:59 | 雑記

帰省

 
 12月の27から28日は、一泊で岐阜の山奥にある社長の自宅で納会。やることはただの餅つきなんだが、暮れの三連休まるまる旅行なんつーことしてくれるし、慌ただしすぎるんだよ。

 この社長の家のテレビで見た天気予報によれば、30日から元旦あたりにかけて低気圧が入り込んできて大荒れの天気になるという。帰省するなら29日中にしろという脅しかよ。

 28日に帰ってきてから29日の昼まででナイツの全ステージA評価と、隠しアイテムの夢のしずくコンプを成し遂げたので、どたばただが帰ることにした。いつもはだいたい大晦日なんだが、今回は早かった。

 帰ると、ょぅι゛ょ(姪6歳)が一人で泊まりに来ていた。
 このょぅι゛ょ、オレとは1年に1度会うか会わないか程度なのになついてくれて、それはそれでうれしいのだが、なつきすぎていてもうべったべったしてくるので困る。やはりょぅι゛ょといえども、普段は淡泊なツンデレのほうが良い。

 ていうか、触りかたがえぐい。「おっぱい~」と言いながらオレの豊満な乳房を触ってくるのはまあ許すとしても、「オマタはどうですかあ?」と言いながら、パンツの中に手を入れてくるのだ。
 こら! とやめさせるが、ほっとくとどこまでやるんだろう……。
 ……いや、試したりはしないからっ!!


b0012790_2344132.jpg

 ょぅι゛ょ

b0012790_235918.jpg

 甥3歳
[PR]
by maple_r | 2008-01-05 23:05 | 雑記