誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

カテゴリ:スポーツ( 9 )

toto-BIG

 
 6億が出たそうな。すごいねえ、6億ですよ、6円置く……こほん。

 おかげで売り上げもそれなりで、スポーツ振興くじの去年までの青色吐息状態と違って、今はうほうほか。BIGさまさまってね。

 しかしこんな、各試合の勝ち負けを勝手に投票されてしまうクジなんぞを、サッカーを好きな人が買ったりするんだろうか。BIGで買った組み合わせが、自分の好きなチームが負けになってたらどうするんだろう。買い直しか? 買い直ししたって、前のをキャンセル出来るわけでもないし。
 
 逆に、選んで買えないからこそ売り上げが伸びるということもあるのだろうか。

 たとえば、自分がひいきのチーム、成績上位のチームをともに勝ちで買いたいと思って、いざ買うとどっちかが負けor引き分けのが発券される。なら、あと一枚買おう、とか、そうやって売り上げが上がるのか。
 しかし改めて考えると、コンピュータが自動発券するというブラックボックスで、コンピュータが完全に等確率で勝ち負けを発券している保証は誰がしてくれるのか。
 その昔パチスロで2号機という完全等確率方式を採用しなければいけなくなったとき、こっそりと天井方式を採用して強制連チャンを出させたアニマルという機種があった。今の発券システムがそんな小細工をしていないと、誰が担保してくれる。

 たとえばAとBが対戦して、CとDが対戦する。A、B、C、Dが勝つカードは等分で発券されるものの、AとCがともに勝つという組み合わせは1枚も発券されない。そんな小細工が出来てしまうのが今のシステムでは無いの?
 そんな発券をされたら、AかCどちらかが勝てば、BIG1等は発生しないのである。キャリーオーバーが発生して、6億円のチャンス拡大! なのである。

 上位の、これは勝てるだろうというチームがそうやって小細工されればバレてしまう可能性もあるけれど、中位以下のチームなら、ちょっと気付かないんではないか。
 そしてそんな中位以下のチームというのはチームコンディションが安定していないから、どんな試合内容になっても不思議ではないのである。


 そもそもサッカーくじというのがどうなのか。もともとトトカルチョという言葉があるように、サッカーを賭け事に使うというのは古い歴史があるんだろうけれども、サッカーほどジャッジの裏表一つで勝負を決められてしまうスポーツを賭け事にするというのはちょっとなあと思うんだが。

 そしてJリーグの低レベル審判。御大スーパー(き×がい)レフェリー家本は未だに健在で試合をぶちこわすことに余念がないようだし、家本以外にもとんでもジャッジが頻発しているらしい。ファールにまったく関与していない選手にイエローカードを出したり、信じられないミスジャッジ。自分が自分の目で見ていないファールに対して、状況からの判断でカードって、ジャッジとして一番ダメな行動だろ。
 そういうのが連続しているとなると、どうしても疑ってしまうのだよ、BIG発券時の調整と、その試合での勝敗コントロールを。
 サッカーというスポーツは、ペナルティエリアでオフェンスが転べば、ペナルティキックでもスルーでもシミュレーションでのイエローカードでも、主審の判断でいくらでもコントロール出来るのである。

 AとB、両方が勝つようなことがなければBIGがキャリーオーバーになるから、というコントロールが行われていないと、誰が保証してくれるのか。2チームでのコントロールが難しいなら3チームでも良い。最近のおかしな判定はそこかしこであるようだから、それこそもっと複雑なコントロールがあってもおかしくないのかもしれない。

 
 なんちゃって、妄想を書き殴ってみたが、こんなことはあるわけないよな。億単位のお金と、Jリーグというスポーツ団体の威信にかかる問題である。だから、あるわけない。
 あるわけないと思いたいから、ジャッジは公正に頼みたいもんだぜ。
[PR]
by maple_r | 2007-06-26 00:56 | スポーツ

素晴らしき人生哉

 5/21のフットサル試合において、ついに我らがチームが一勝を挙げた。

 感動ですよ。
 まるで、大会に優勝したのかともいうような喜びよう。
 良いじゃねえか。そのくらいうれしいんだ。

 7分ハーフ、ハーフタイムを1分挟み、都合15分で1試合。
 今回参加した12チームの中で、リーグ戦を経て、最下位決定戦。
 
 前半は0vs0。お互い、それまでの試合で疲労し、脚は止まっていてまさにへろへろ状態。
 あとは気力だけの勝負。

 後半も3分ほどは膠着状態。なんとか死力を絞っているが、どうしても最後の詰めまで届かない。
 そんな中、ついにウチのチームが1点を先制。残り3分、なんとか守りきれ!

 たった1点の差というのはキツい。脚が止まっているこんな時は、ふとした気のゆるみで平気で点を献上してしまう。

 実に、実に長い残り3分を凌ぎきり、ホイッスルを聞いた時は歓喜である。初勝利、そして初の無失点。

 
 思えば、クラブ出資馬で初の勝利を挙げてくれた、メイプルロードの未勝利戦。
 あのときも、尋常ではなくうれしかった。まるで重賞に勝ったかのように。
 実際、中1週で重賞にも勝ってしまうのであったが、やはりあの初勝利の時のことは忘れられない。

 メイプルロード以来、数頭が勝ち上がってくれたが、絶対にあの初勝利のときの事は忘れられないだろう。

 そして、フットサル初勝利と天秤に掛けていた1000万条件勝ちも、早く達成してもらいたいものである。
[PR]
by maple_r | 2006-05-22 00:11 | スポーツ

1968年生のフットボール

 そんなわけで、フットサルを始めて半年ほどになる。ここ最近、年度末の忙しさからメンツが揃わずプレイ出来てないが、ずっとほぼ1週置き、1ヶ月に2回くらいの頻度でやってきた。
 それにしても流行っているね、モーニング娘。のせいなんだろうが。初めてプレイした3年くらい前には、名古屋市内でも数ヶ所しか無く、その初プレイした金山駅そばのインドアのところはすぐに潰れてしまった。それが今や、春日井市だけでも3ヶ所くらいあるんだからまあ、未だにモーニング娘。は人気があるってことなのか。

 流行っているフットサルとは言え、老若男女入り交じり、というわけではなく、やはり20代の男子が中心である。そんな中、オレらのチームは平均年齢で言っても30近く。一番年寄りの息子・中学生14歳を入れてもそんなもんだから、彼を除くと30を過ぎるという年寄り軍団。
 そして、中学、高校でのサッカー経験者が居ないものだから、基礎は無いわ、体力は無いわ、スピードは無いわ、三重苦の中でやっているのだ。
 
 一番衰えを感じるのは、スピードの足り無さである。
 ボールの動きに瞬時に反応する瞬発力はおろか、走るトップスピードがとてつもなく遅くなってしまった。というか、走れないのだ。
 一般生活で少し走ったりするスピード、これよりも少し速い速度がジョギングレベルだとすると、そこまでは問題無い。しかし、それ以上のスピードで走ろうとすると、すでに走り方を忘れているんじゃないかという感覚になってしまうのだ。
 競馬好きに解りやすいようにたとえると、18-18程度のキャンターまでは問題無いんだが、そこから15-15の強めキャンターにするのが必死。それ以上、ギャロップしようとするとフォームばらばら、え? 状態って感じ。
 
 で、そんな老人チームだが、いちおう試合なんぞにも出てみたりするのだ。
 スーパービギナーっていうくくりの大会であるのに、やっぱりみんな若いから、スピード・体力が違う。そして、そんな中にも経験者が一人二人入っていると、とてもじゃないが太刀打ちなんか出来やしない。
 そんなわけで、チームHello2(チームハローツー・通称チームへろへろ)は、未だに未勝利なのであった……。

 今通っているコートでは、このスーパービギナーで通用しないチームだけを集めた、いわゆる未勝利カップも開催している。先月にはこの大会に出たのだが、惜しいところまで行くものの、やはり未勝利で終わってしまった。この大会は月一度開催していて、今月・来月と残念ながら出場出来ないのだが、5月にはなんとか一勝を挙げられるように努力しなければ。

 まずは一勝。これを、自分のクラブ馬の1000万の一勝と先を争うのである。
 
[PR]
by maple_r | 2006-03-17 00:58 | スポーツ

プロ野球スト


高校の甲子園はあれだけ熱心に見ているくせに、プロ野球となるといきなりスカンにするオレの野球へのスタンスというと、つまりプロ野球はとてもじゃないがアスリートのしているスポーツでは無いから、というのがある。
ピッチャーとか一部の野手とか、ストイックに頑張っているアスリートもいることはいるが、タバコはスパスパだわ、前日深夜まで酒飲んで、試合前の練習は二日酔いで全く行えず、試合自体も二日酔いのまま行ってるとか、そんな連中の試合、オレは見たくない。

今回のスト、ファンがバックアップしてくれているというが、なんでバックアップするんだい?
今まで、選手がファンをそんなに大切にしてきたか?
バブルがはじけてもう10年来、企業の収益がどんどん下がっている中、そんなのはおかまいなしに年俸のアップばかり要求し、あげくFAだのなんだの金のあるところに群がり、本当にファンのためのプロ野球をやってきたのかい?
ここにきてようやく自分の立場がヤバくなってきた事実に気付いた選手会が、今更ながらにオレらを助けてくれ~って叫んでるのが、今のストの実情じゃないのか?


そしてファンもストを支持していると言いつつ、単にナベツネに対するブーイングの一つとして今回の騒動を選手会側から支持してるだけじゃないのか?

普段プロ野球を見ないから、おかしな意見かもしれないが、やっぱりどう考えたってストなんか支持出来ないぜよ。
[PR]
by maple_r | 2004-09-20 00:09 | スポーツ

アテネが終わる


テコンドーの岡本を、一番応援してたんだがなあ。ちと、レベルが違ったか。
彼女は、イイオンナだよなあ。負けてくやしいだろうに、「アテネに出せてもらえて、ありがとうございます」なんて、言えないよ、ふつー。
ペキンでは、元のクラスに戻って頑張ってほしいな。


ダメダメだったのは、野球。なにが長嶋ジャパンだよ。なにがドリームチームだよ。
司令塔を置かずに、気合で勝ちあがろうだなんてナメすぎ。日本人の悪い癖、太平洋戦争の時のまま。
おかげでオーストラリアに二度も負けてやがる。情けないったらありゃしない。

だいたいだね、長嶋ジャパンだなんて言って、悲壮感を出そうとするのがいかんよ。
みんな、雰囲気に飲まれすぎてるじゃないか。

中村ノリのオーストリア戦最後のヘッドスライディングは、思い出ヘッスラかよ。伸び上がるヘッドスライディングじゃなく、その場にドタっと豚のように落ちる、全く無意味なアクション。

そして谷。
なんなんだ、オマエは。
夫婦で金、だなんて言っておいて、二割しか打てずって、やめてくれよってところ。
しかもケガしちゃってペナントもフイにしちゃうって、何考えてんだか・・・・。

こんなことなら駒大苫小牧のナインを連れて行ったほうが良かったんでね?


末続は・・・・・
このタイプとは、仲良くしたくないな。


シンクロは、屋外プールってのがかなりポイントだったんじゃないだろうか。
ヤネが無いと、上を向いたときの位置取りがつかめないもんね。
そのせいで上位と下位のレベルの違いが明確になったんじゃなかろうか。


そして室伏。
なんだかなあ、としかいいようがない。
選手のいないところで足のひっぱりあい。
JOCは室伏に、われわれが頑張って不正を正しましたよ! とか言ってるのかなあ。
こういうのだけはホント、勘弁願いたい。


ところで、いつもメダル数ではアメリカについで中国が上位にいるんだが、中国ってどの競技でメダルを稼いでるわけ?
アメリカとかの多国籍国はいろんな競技で上位に来てるけど、アジア系の日本は柔道が細かくクラス分けされてるからメダルを稼げてるわけだが、中国ってどこで稼いでるわけ?
卓球って体重別じゃないし、重量挙げくらいしか思いつかない。

日本にいると、こうやって日本人の知名度ある人しか報道されないから、大会を把握できないんだよねえ。まあ、マスコミにいまさら文句言ってもしょうがないが。
[PR]
by maple_r | 2004-08-30 01:13 | スポーツ
準決勝の東海大甲府戦まで、この学校の試合を観ることは出来なかったんだが、良いチームだったね。

日大三高を破った時点では、まだ日大が弱かったんだろう、っていう認識しかなかった。
実際、この学校は甲子園に来てからどんどん成長したという印象だな。

今日はすばらしい試合だった。
本当に、おめでとう。
[PR]
by maple_r | 2004-08-22 23:46 | スポーツ

野村忠宏

アテネの話題

彼はすごいよね。尊敬に値するほどすごい。
田村亮子がシドニーで金メダルを取って、「初恋の人に出会えました」とヌカしてテレビで大喜びしてる横でシラーっと、「ぼくにとっては愛人のようなものです。ときどき会います」 こんなこと言えないよ、普通。ていうか、金連覇して、言う資格すら得られないんだって。

さっき、さんまと対談している様子がテレビで流れていたが、やっぱり一面を取りたいんだそうだ。
そりゃあそうだろうなあ。オレだって谷亮子なんかより野村を前面にだしてあげたい。

アトランタで田村が銀だったときの一面のことは、野村が自分で言っていたよ。
「一面にだんっと、田村まさかの銀 ってあるんですよ。
 そのすみにちょろっと、野村まさかの金 ってんですよ」

彼はやっぱり、引退後は芸能界に入るべきだな。
[PR]
by maple_r | 2004-08-19 22:30 | スポーツ

YAWARAちゃん


サッカーアジアカップ以来、甲子園大会、オリンピックと、普段は土日の競馬中継くらいしか
点灯していないウチのテレビが、最近はかなり点いてる。
それぞれについて、色々と語りたいことはあるが、あまり古くなったネタに関して云々する
のも今更なので、まだこれは許されるだろうという、谷亮子について一つ。

「田村で金。谷でも金」

何度も耳に入ってきた言葉なんだが、これってどういう意味?


私は、家庭と仕事(柔道)を両立させてるのよ! ということなのかな。
なんつーか、彼女ほど結婚したことを大々的にアピールしているスポーツ界の女性という
のを過去に知らないんだが。

昔、彼女のことを、
「誉め殺しされてるのに気づかないで舞い上がっちゃってる人」
と評した事がある。

今の彼女は、まわりが誉め殺しするのだけでは物足りなくなって、
自ら誉めて誉めて! と訴えてるようにみえてしょうがないのだが、
こんなこと考えるのは、あまりに卑屈かな。
[PR]
by maple_r | 2004-08-19 00:23 | スポーツ

嗚呼、ダルビッシュ……


ダルビッシュが負けた。ベスト8にもなれずに。

信じられない。
この大会、ダルビッシュがいかに済美にリベンジするかが最大の焦点であったのに。

なんて書くとダルビッシュ信奉者と思われるかもしれないが、そんなことは無いと言い切れなくて、
なんというか高校野球の甲子園にはダルビッシュは不要論者ってところか。

ダルビッシュの野球に対する能力は、とても認めてる。
あの身体のバネと切れと、投球のセンスはとんでもない能力だ。

しかし、投球後にベースカバーに入ったりしなかったり、ピッチャー前のゴロにダッシュして
取りにいかなかったり。
勝利を自分で掴みに行く貪欲さが足りなかった。
能力さえあれば、勝利は転がり込んでくるものだとでも思っていたのだろうか。

スポ根ドラマ的根性論を言うつもりは無いが、甲子園だけはそんなスマートな連中に支配されたくない。
必死に、どんなときでも一心不乱に貪欲に勝利だけを追い求める。
そこにあるのは、スマートなかっこよさとは対極の泥臭い坊主頭で汗まみれの高校球児。
そんな高校球児がとてつもなく輝いて見える。
甲子園とは、いつまでもそんな舞台であってほしい。

そんなオレにとって、ダルビッシュはスマートなかっこよさを求めているタイプの典型。
そんなオレがこの大会で見たかったのは、済美との決勝の場、優勝に王手をかけながら
済美にリードを許してしまう展開。
そんな中でもダルビッシュはクールに淡々と投球だけをこなせるのだろうか。

ダルビッシュが、がむしゃらになる姿を、見たかったのだ。
[PR]
by maple_r | 2004-08-17 23:27 | スポーツ