誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

トンネルウォーク

 
 まあそんなわけで首都高中央環状新宿線の、開通前トンネルウォークに参加したのである。
 12/20に開通する中央環状新宿線を、好き勝手に(といってもルートが設定されているが)歩いて良いですよーって企画。中央環状線は首都高初の大深度地下トンネルということもあって大々的に広報活動をしているけど、これもその一環。

 といっても趣味で行ったわけじゃなくて、仕事なんだけどね。
 
 本来ならこんな一般開放の日ではなくて、専用に日を取って視察させてもらう予定だったのだが、警察やら国交省やらが後から後からあれやこれやと言ってくるわけよ。ということで完全に遊びの一般人と混じって視察という仕事をしてきたわけである。
 っても90%遊びと変わらないんだけどね。

 
 あまり人間ウォッチングして面白かった人のことを報告するのは趣味じゃないんだが(自分がキモいと後ろ指を指されるタイプだから)、あまりにあまりな人がいたのでちょっと記してみたいと思う。

 そのグループは、♂2人、♀1人のドリカム構成だった。♂は黒い服と赤い服で、黒い服の方がどうやら♀の彼なのか旦那なのかカポーらしかった。年の頃は皆35前後くらいか。
 
 トンネルウォークということで、一般参加者は家族連れやカポーで、単純な記念撮影ばかりなのだが、この赤い人がかなり違っていた。カメラは銀塩で2台、首からさげている。この人がすごい。トンネル内の電気や排水やらの配管パイプを、アクロバチックな体勢で撮影しているのだ。
 壁に張り付いてこのパイプを撮っている姿を見て、この人すげーなー、何のためにこんな写真を撮ってんだろー、とか思ってたわけ。ただ写真を撮りたいだけなら、普通に撮ればいいわけだから。

 まあオレらも図面を見ながらあれがどうのこれがどうの言いながら歩いていたわけだから、他人から見たらヘンっちゃヘンなんだが。

 「あの赤い人はパイプオタなんだな」
 なんて言いながらなんとなくこの3人とつかず離れずのペースで歩いていた。
 やがてオフランプの箇所が出てきて、ここは色々と付属物があるし楽しいぞと思っていたら、それまで大人しかった黒い服の方がブリンカーライトを大接写。
b0012790_0212930.jpg

 撮影した画像が気に入らないのか、何度も撮影しなおしている。
 おまっ、早くオレにも撮らせろっ。

 この後は単路部でずっと面白くない区間が続いて、要町で道路自体が地上に出てトンネルウォーク終了、というところなんだが、最後の最後にまた黒い服がやってくれた。
 地上に出たので高架橋になってるのだが、壁高欄上に柱がボルト留めしてあって、そのボルトが8×8列くらい、大量に留めてあって、このボルトを大接写。
 もう終わりってことでカメラを仕舞っちゃってたのが悔やまれる。これまでに見たどんな一発芸よりも笑ってしまった。
 「黒い方は、つぶつぶオタなんだな。普通、つぶつぶは気持ち悪くなるもんだが」

 しかし、これだけ黒も赤も面白い行動をとってるのに、それを全て感心しながら見ていた黒の彼女さんはすごいな。
[PR]
by maple_r | 2007-12-12 00:38 | 雑記