誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

採用

 
 久しぶりに会社でアルバイトを採用することになって、というのはもう4ヶ月前の6月のことなのだが、オレが面接を担当した。一人ではなくて、上司と二人でだけれど。
 本当は社員で募集したかったのだけれど、どういう人が来るかわからないんだよね。だからとりあえずアルバイトということで募集をかけて、モノになりそうだったら社員登用すると。本来、正社員募集のほうがまともな人間が応募してくる可能性は高いんだけど、まともでない人間の応募も必然多くなって、選考だけで大変な作業・手間になってしまうから、しっかりしたいい人が来てくれるといいなと願いつつアルバイトカテゴリで募集を行っているのだ。

 それでこの、いい人が来てくれるかどうかは時の運でこれまで何度か面接に立ち会ってるが、こんないい子ばかりの中から一人しか選べないなんて難しすぎる! というような贅沢な悩みの時もあれば、この中から誰を選べちゅーねん! みたいな出来ればもう一度求人をやりなおしたいというような時もあるわけで、採用というのは絶対的な能力では無く、そのときに応募した人の中での相対能力で採用が決まるという、なんだか割り切れない気分になるものなのだ。

 6月に行った面接は当たりの回で、それこそ5人くらいは採用したい人がいた(採用は1人)という、なんでこんなにかたまるかなもっとばらけてくれよ、というものだった。
 
 しかしあれだね、若くてかわいい女性が何人もお願いしますって履歴書を持ってくるもんだから、オレなんて舞い上がっちゃって、彼女らにコクられちゃってどの娘にしようと贅沢な悩みだ~ なんてトチ狂ってしまい、いざ採用したら「私、結婚約束してるカレがいます~」って言われて、話が違うじゃねえか!!! と思ったりしたが、いや全然話が違ったりしませんから。
 ちっ。

 
 それで今年度の仕事の受注はなぜか異常で、すでにオレがこなすことが出来る量の3倍の仕事が入ってきていて、さらに入る予定があって、もちろん忙しいのはオレだけじゃないわけで、前回の募集からまだ3ヶ月だというのに、また採用することになった。今回は1ないし2人の予定で。

 ところが今回はえらい不作で。前回と同じ募集手法で、文面もほとんど同じだったのに、やっぱりこういうのは巡り合わせだなあ。応募してきた人数すら全く違って。

 だいたいさ、採用してください! と申し込んでくる人間が、
 ・気力、体力はありますか?  という質問項目にNoと答えるってどうよ。
 ・社会人として恥ずかしくない恰好で通勤できますか? という項目にNoって、ホントに採用して欲しいと思ってんのか?

 もうね面接の間中、ぷにえ様の「願い、明日、夢」をエンドレスで流して、ダメージを与えないとだめだねこういうヤツらには。
 ニコ動
 ようつべ

 ……まあこんな曲をずっと聴かされたら、オレのほうがさきにヒットポイント0になって、面接どころじゃなくなるのだが。

 
[PR]
by maple_r | 2007-10-03 23:50 | 雑記