誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

愛知県知事選-2

愛知県知事選-1

 さて、2/4の愛知県知事選挙であるが、自・公推薦の現職神田さんと、民主・社民推薦・元犬山市長の石田さん、そして共産推薦のあべさんの3人が立候補していた。

 神田さんはいい人である。弁護士出身で、言葉の物腰が非常に柔らかい。信頼を集めることが出来るタイプの政治家である。しかし、トヨタの犬なんだなあ。
 元気が良いと言われる愛知県経済は、このトヨタに依るところがほとんどであるから、トヨタの犬というのは愛知県にとっては良いことなのかもしれない。しかし、少しマクロな視点で捉えれば、絶対に良いことであるわけがない。さらに、トヨタの企業体質にしても、今以上に助長させるのは避けなければならないはずなのだ。

 石田さんもいい人である。個人的には昔から好きで、話も上手だし声も良い。一時期、小泉純一郎のルックスを意識して真似ていたのはご愛敬であるが。
 市長として、犬山でうまいことまちづくりを進めていると感心していたのだが、どうやら県政に出てくるらしいと聞いた時は耳を疑った。県政なんて面白くないからね、まちづくりを好きな人なら、県政なんかより市政の方が好き勝手出来て面白いに違いないんだから。
 しかも、民主から出てくるというのがショックだった。民主党は、支持団体がナニなのでちょっとナニでナニなところだから、選挙で票を入れたくないところなのである。結局、あれだけ市政を楽しそうに司っていた人が県政に民主からまつりあげられるということは、大人の世界のあれやこれやが色々あったんだろう。

 あべさんは全く知らないが、共産だけにアレなんだろう。
 
 
 神田さんと石田さんの選挙合戦がどんな展開を見せるか期待したのに、柳沢発言のせいで、すべてそれ一色になってしまったのだ。
 もともと民主には投票したくない上、今回の選挙戦ではただの自民叩きになって、ますます石田さんには入れられなくなってしまった。


 オレは政治右派であるが、右派政党を支持するかというとそうではなくて、政治とはバランスであると考えるから、極端に支持を集める政党を嫌う。一党独裁政治は良い物を生み出すわけがないから。
 今回は、あべさんに投票した。これは、当選して欲しいと願っての投票ではなく、共産は共産らしく、ただある程度の票を獲得して存在感を出さなければならないと思うから。しかし共産は志位委員長になってから冴えないねえ。


 結局、神田さんが石田さんに対して6万票程度の僅差で当選し、3選を果たした。
 月曜夜の全国ニュースでは、選挙戦時のVTRが少し流れていたが、石田さんが「私が当選すればね、柳沢大臣は辞任せざるを得なくなりますよ。みなさんの投票で辞任させることが出来るんですよ!」と街頭演説している姿が流れた。その声はいつもの石田さんのそれで素晴らしいものではあったが、石田さん自身は、本当にそんな演説をしたかったのだろうか。

 その後、名古屋ローカルのニュースで、政界から引退すると会見する石田さんが映った。
 とてつもない疲労感を漂わせ、やつれ、まさに敗者というオーラであった。
 年齢的にも、もう辞める時期かな、みたいなことを言っていたが、そんなことを考える人が県政に出るだろうか。まだたった61歳なのだし。

 今回の選挙では、石田さんは、石田さんという名前で土俵にすら登れなかったんではないだろうか。
 自分自身のスタイルで選挙を戦えずに政治人生に幕を閉じるのでは、さぞ無念であろう。

 そして、石田芳弘という政治家を失うことは、オレとしても残念なのである。
[PR]
by maple_r | 2007-02-08 01:10 | 雑記