誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

06-07


 正月休みは12/30~1/8までの長丁場だった。途中、やり残した仕事とか、やり残した片づけとか、会社に行こうかなとも思ったりもしたけれど、ええいせっかくだから10連休しておけと、久しぶりにゆっくりと過ごせた。
 
 実家に帰省したのは2年振り。猫がいると、おいそれと帰れない。夏は窓を開け放つから、猫を連れて帰れない。冬は窓を閉め切るから連れて帰れるが、そもそもクルマで6時間近く掛かり、ずっとクルマの中では鳴き通し。実家に着いても、慣れない環境で落ち着かず、その上、人が大勢いてあちらこちらで音がするから終始びくつき通しで、申し訳ないなあと思いつつも、家に何年も顔を出さないのも申し訳ないから、たまには猫に我慢していただくのだ。

 実家には両親と、母方の祖母が三人で暮らしている。平均年齢は70代か。
 そんな家庭を象徴してか、2年前に見た時から、ほとんど新たな置き換わりは無く、ただ経年して旧態化していたのみであった。居間のテレビは、映像は映るのだが、音声が出たり出なかったりという故障をしていた。スピーカ部の故障であれば外部スピーカを使えば良いのだが、内部の音声デコードのコンデンサが壊れていて、外部スピーカを使っても音は出ないのだ。まあこのテレビは、20年も使っているし。
 紅白も見なかったし、元旦の天皇杯サッカーは、音が出たり出なかったりだったが、サッカーに音って、それほど重要じゃないし、どのみち普段からテレビは見ないんだから、まあ、こんなもんかと。

 猫は、2日目の夜にオレの布団の中でようやく喉をごろごろ鳴らした。
 明るい間、方々で音がする状況では、結局最後まで喉は鳴らなかったが。

 1月の2日に妹家族が姪・甥を連れてやってきて(といってもこの家族は実家に近いから、週に1度は顔を出しに来てるが)、甥と会うのは1年半ぶりで、ベビーカーに乗っていたと思ったら、走るわ喋るわ、ていうか激しいわ、びっくりした。大人しい子になってほしいから凪って名前を付けたのに、親の心子知らず。でも猫は怖いらしい。あと数年すれば、棒きれ持って野良猫を追い回すようになるくせに。

 夜になって、親父が8mm映写機を物置から出してきた。オレや妹の子供時代の8mmフィルムを姪・甥に見せるのだという。
 が、整理していない8mmフィルムを数本かけて見たところで、ベルトが切れて終了。肝心なところは見せられず仕舞。翌日、ベルトの修理はあっさり完了。前時代の機械だけに、機構は単純でベルトもミシンのもので代用が効いた。
 オレが子供の頃、親の子供時代の写真を見せられても、大人になっている親と、写真の中の子供とが同一人物だとはにわかに信じられなかった。しかし、動画だとどうなのだろう。姪の母親が、今の姪よりも年が下でしかも親指をしゃぶり通している動画を見て、「ままー」と叫ぶのだろうか。その辺り、どんな反応をするのか観察したかったのだが、残念である。

 3日にこっちへ帰ってきた。
 猫は、やっと落ち着けると一息である。

 07年は、個人的なインターネットを初めて10年の節目の年となる。
 1997年に、panja@pop16.odn.ne.jpというメールアドレスを取得して、ネットにずっぽしの生活がスタートした。
 3日に帰宅し、メールを受信すると、このodnのメアドには300通以上のspamが溜まっていた。このメールの受信中にメーラがダウンし、再起不能となってしまい、新年早々メーラの再インストール、それまでの受信メールの喪失と相成ったのである。
 
 そんなわけで07年最初のネットは、10年間使っていたodnを解約することからスタートした。孫企業になってしまっていたし、spamがやたら来るくせにspam対策で金を取ろうとするし、最低なISPだったから、いつか解約しようと思っていたのだ。

 そんなこんなで、今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by maple_r | 2007-01-15 01:31 | 雑記