誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

シカダはある朝突然に

 
 クマゼミの鳴き声が止んだ。今朝から突然。
 どうもこのクマゼミというヤツらは個体の個性が無くて、夏の初めに鳴き始めるのもある朝、突然一斉に。朝、鳴き始めるのも一斉。昼に鳴き止むのも一斉。そして、夏の終わりに鳴き止むのも一斉。クローンのように、同じDNAばかりの個体としか思えない。
 
 日曜・月曜と、急に気温が下がったから、その影響で死滅してしまったのだろうか。
 だいたい、蝉の成体は一週間しか生きられないということで、一夏の間でも何体もの蝉が先鋒・次鋒・中堅・副将・大将のように、交替で鳴き続けているわけである。鳴き終わりだって数日のズレがあってしかるべきであろう。

 そして、なぜか死骸は人の歩く場所に転がっている。
 公園の木にしがみついて鳴いているんだから、死ぬときもそのまま木の根本に転がって土へ帰れば良いのに、なぜか道路やアパートの廊下に転がっている。
 家から駅までの道すがら、十匹くらいは道に転がっている死骸を見ただろうか。
 やはりこう、木にしがみついて鳴いていて死期が近づいてきたときに、クマゼミなりに「ここで死ぬわけにはいかない」とか考えて、最後の悪あがきをした結果が道路で転がっているということなのだろうか。

 いずれにせよ、クマゼミの大騒音が終わると、すぐに夏が終わる。

 今年の夏も、終わってしまうんだなあ。
 
[PR]
by maple_r | 2006-08-29 10:20 | 雑記