誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

金をかせぐことは、悪いことじゃありません

 ただし、社会へ貢献することの対価としてならば。


>ぼくは、かせぎすぎたから嫌われた
 
 違うよ。別に、金をかせいだら嫌われるわけでは無いよ。
 たかが金転がし風情がデカいツラしてるから嫌われるんだよ。


 例えば、高輝度青色LEDを開発した元日亜の中村教授は、地裁判決では200億円の対価を認められた。この200億に対して、かせぎすぎだという一部のやっかみはあっただろうけど、個人的にはもっと対価を与えても良いと思うくらいだ。
 青色LEDにより白色LEDが完成。一般的な光源よりも、はるかに効率の高いLEDで白色が造れたということは、ひかりに関する考え方をがらりと入れ替えてしまうくらいのエポックメイキングなのだ。そう遠くない将来、家庭の室内灯でさえLEDにとってかわるだろう。青色LEDは我々の社会を変える。それも全世界レベルで。
 そんな発明の対価は、村上容疑者の言う2000億でも安いと思うくらいだ。

 対して、村上ファンドは何をした。一般投資家の金をひょひょいと巻き上げて、ファンド投資家へ渡す、金の再配分でしか無いではないか。 
 物言う株主とか言ったって、長期的なヴィジョンを持って会社の位置づけを向上させるわけでなく、短期的な業績向上で株価の吊り上げをして高値で売り抜ける、それだけではないか。 

 社会になんのメリットも無い金転がし野郎が大金をかせいでデカいツラをしている。これが嫌われている構図だ。

 
 こんな村上ファンドや旧ライブドア、そしてサラ金や銀行。こんな金転がし野郎どもばかり景気が良く、GDPはちっとも伸びないくせに、いざなぎ景気を上回るほどの好景気なんだとか。
 確かに、村上容疑者が言うように、日本はおかしいのかもしれない。

 最近では、小学生が株取引をしているということが良く取りざたされるが、あろうことか小学校が証券会社の人を呼んでレクチャーしてたりするところもあるらしい。曰く、お金の大切さを学ぶとかなんだとか。
 バカか。
 お金の大切さを小学生に教えるならば、まず、どれだけの労働をして、その対価としてどれだけのお金が得られるのか、そしてそのお金でどれだけの物が買えるのか、そういうことを教えるべきであろうが。
 
 パソコン画面で、企業体質も財務内容もさっぱり理解出来ない会社の株を、どれだけの価値があるかを理解出来ない金額で、ぽちっと取引。後は、その株価が上がった下がってで一喜一憂。そんなマネーゲームを小学生に教えるって、まともな思考の大人じゃない。 

 
 確かに日本はおかしい。村上みたいなのが、ここまでのさばっていられたことも、これから第二の村上・堀江がどんどん出てくる可能性がある土壌を築きつつあることも。
[PR]
by maple_r | 2006-06-06 23:40 | 雑記