誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

親睦会

先の脱線事故において、当日、天王寺車掌区が親睦会と称してボーリング大会を行っていたことがテレビで大きく非難されている。


がしかし……これって、そんなに怒られることか?


きちんと休暇を取り、プレー代だってしかるべきところから出し、たまたまその日に脱線事故が発生しただけである。
仮にプレーを中止していたらどうなっていたか。
休日返上で現場へ駆け付け、救助作業の一助となっていたか。いや、有り得ない。現場は警察の現場保存・分析班と、レスキューによる救助活動が主で、JR職員が数居ても意味無いはずである。

ならば、被害に対する問い合わせ等への対応が出来たか。
それも難しいだろう。尼崎車掌区と指示系統が異なる以上、上層部がよほど的確な指示を出さない限り、それほど素早く現場をまかなう指示は出来ないはずである。脱線車両に乗り合わせた運転士に対して、現場を後にして出社するように指示する上司がいるような組織に、そんな対応が出来ようはずがない。

つまり親睦会を中止したら、あーあ休日なのにすること無くなってしもた となるばかりなのである。
そんな人たちへ、まるで犯罪者であるかのごとく非難を浴びせる。
それでどうなるの。

よく、天災が起こったときに、その自治体の長がゴルフをしていたりするのが非難される。これは当然だ。現場に対する指揮権を持つ人物が、義務を放棄しているわけだから。
しかし今回は、たまたま西日本旅客鉄道という所属組織が同じであったというだけではないか。現場に対して何の責任も所持していないのだ。
彼らがボーリング大会をしていなければ、被害はもっと少なく済んだとでも言うのか。
単なる感情論では無いか、そんなときに親睦会をやっているなんて不謹慎だ、という。
こういう連帯責任論というのは日本の悪い癖だ。責任の所在をうやむやにしてしまう。

それでも、現場の状況を少なからず把握していた人もいたということで、当人たちの間から、こんなことしてる場合じゃない、という発言が出なかったことは残念であると言える。
同じ組織の人間として、現場が気になってボーリングや酒どころじゃない、というのが当然という気はするがね。(というのはまあ、自分が事故のことが気になって仕事どころじゃなかったということなんだが……。昼飯もわざわざテレビを点けている店まで行ってニュースを見てた)

実際、騒いでいるのはメディアの人たちだけで、一般の人は無関心なのかもしれない。
しかしメディアの人たちというのは、どうして報道するということの中に正義というものを織り込もうとするのだろうね。今回は、ボーリングを行っていた人たちを糾弾することが正義とは必ずしも思えないので、特に感じる。
例えば、被害に遭われた方のご遺族が、こんな時にボーリングしてたヤツが許せない、なんて言ったのかい? 絶対そんな事は言わないと思うよ。いや逆に、カメラを持って追い回さないでくれ、そっとしておいてくれって思ってるんじゃないかな。
[PR]
by maple_r | 2005-05-06 23:12 | 雑記