誰か人生を教えてください・・・


by maple_r

南セントレア市

中日新聞ウェブ

公判で突然別人格
名古屋・中村の女性殺害、庄司被告

 名古屋市中村区のアパート経営三木美津留さん=当時(46)=が昨年七月、自宅アパートの床下から遺体で見つかった事件で、殺人などの罪に問われた長女のさやか被告(25)と、交際相手の庄司陽子被告(35)の公判が二十五日、名古屋地裁であり、死体遺棄罪に問われた庄司被告の被告人質問が行われた。弁護側は庄司被告が「解離性同一性障害」であることを明らかにし、公判では「弁護人らに聞くまで事件のことは知らなかった」とする陽子被告自身に続き、「死体遺棄をした」とする別人格の「優子」が供述した。

 庄司被告は、陽子と優子のほか「彩子」ら合わせて五人の人格を宿しているといい、まず陽子が死体を遺棄した時の状況について「分かりません」と述べた。しかし、「起訴事実を認めているね」との弁護人の質問には「(優子とは)人格は違うけど、同じ体なので記憶がなくても私がしたことです」と話した。

 途中で突然、顔つきも話し方も違う優子に代わり、「初め(私が起こした)事件のことを陽子には話さなかったが、話せば心臓の弱い陽子の負担になると思った。一番穏やかな時に話そうと思った。つらい思いをさせた」と述べた。また、さやか被告が三木さんを殺害した理由については「分かりません」と語り「分かっていれば説得し、止めたと思う」と話した。

 起訴状によると、さやか被告は昨年三月二十九日朝、アパート和室で寝ていた三木さんの首を絞めて殺害。庄司被告と共謀し、四月八日夜、和室床下に穴を掘って遺体を埋めた。

 <解離性同一性障害> いわゆる多重人格。2つ以上の人格が交互に現れ、それぞれ独立した記憶、行動、好みを持った完全な人格となっている。1つの人格の言動を別の人格は記憶していないのが特徴。乳幼児期の虐待に関連があるとの議論が注目されている。


こ、これは・・・・・。
この公判、めちゃくちゃ傍聴してえ。年休取ってでも聴く価値はありそうだな。
木曜日に市役所行く用事があるから、裁判所覗いて情報ゲトしてくるか。

しかしこの事件、初期報道でもレズの衝撃があったが、それ以上のネタがあったとは・・・・。
この先、目が離せません。
[PR]
by maple_r | 2005-01-31 23:17 | 雑記